• ホーム
  • 動脈硬化によるEDの治療と薄毛の原因

動脈硬化によるEDの治療と薄毛の原因

EDの原因は精神的なストレスや動脈硬化などですが、勃起改善薬を服用することで勃起の維持をすることができるので、インターネットなどを利用してED改善薬のジェネリック医薬品を入手する人も増加しています。
EDの治療に関しては専門のクリニックなどで治療をすることが可能ですが、根本的に治療をするのが難しいのでカウンセリングを行いながら少しずつ改善するので、それまでの期間は勃起改善薬を服用してセックスを行います。
動脈硬化になるとペニス周辺の血流が悪くなるので、ペニスに血液が流れにくくなります。
この場合は動脈硬化の治療を行うことでEDも同時に改善することがありますが、精神的な不安が残っていると十分に勃起ができない場合があります。
十分に勃起が維持されないとセックスの満足度が低下するので、新たなストレスとなる可能性もあるので、注意をしなければなりません。
男性の薄毛は男性ホルモンによって分泌される原因物質によって進行するので、この物質の働きを抑える薬を投与することで薄毛の症状を改善します。
薄毛治療薬は男性ホルモンの働きを弱めるので、性欲などに影響をおよぼす可能性がありますが、副作用として性欲に関するものはないので、精神的な不安などが原因で性欲が低下すると考えられています。
EDを予防するためには男性ホルモンの分泌を促進しなければなりません。
一番簡単な方法としては、筋肉の量を増加させたり、スポーツをすることで男性ホルモンの分泌を促すことができます。
筋力が落ちている男性の場合は、簡単な筋力トレーニングをして、男性ホルモンの分泌を促進するだけでEDの症状を改善させることができて、さらに精神的な不安を解消することもできます。